お知らせ

2018.02.02 かべいろブログ

病院・介護施設の、これからの内装インテリア。

病院や介護施設、所謂「医療系」の内装を見ると、最近ようやくデザインの要素が少しずつ入って来たのかなあと思います。

 

 

特に開業される個人病院はかなりおしゃれな病院が増えてきており、「ここ病院なの?!」と思ってしまうようなイカした内装がたまに見られます。

しかしながら、本当に開業される個人病院が最近は多いですね!恐らく医療費等、国の仕組み的に1番儲かる時代なのでしょうか。 しょっちゅう新規オープンの広告チラシが入ってきます。それだけ今後益々増える高齢者の潜在ニーズがあるとも言えるのでしょうね。 となると、というか今も既にそうですが、病院施設も「集客」が必要になってきます

オープンすれば告知せずとも人が来てた時代ではなくなり、 どうすれば人が来るかを、経営的な視点も持ちながら病院施設も運営していく必要が出て来た訳です。 スーパードクターであれば噂を聞きつけて全国から人が押し寄せるのでしょうが、そんな医師はほんの一握り。 となるとどうやって他との違いを出すのか?

 

これからの「人を集めるため」に病院がしなければいけないことは、サービス業としての「顧客満足(CS)」を 高めなければいけません。そのためには今までの「白い壁+(木の)腰壁」的な、テンプレート化したような内装から 患者、利用者、その家族、そして病院スタッフから医師、職員までもが癒し、和むような「心地よい」インテリアへ 変化していく必要があると考えます。 そんな中で我々ができることは、壁を使った商品でそんな「人が癒される」空間を作り出すこと。 そう考えるのです。

 

ずっと入院を余儀なくされる人は、病室の天井を何日も見続けなければいけない訳です。

そんな時、天井に青空を描ければ入院されている方の気持ちも少しは違うのではないでしょうか。 白い壁は広く見えるし、清潔感があります。ですが全部白にすると「病院」はとても殺風景になります。 絵を飾ればいいのかもしれませんが、値段も高いわりに小さいものしか飾れない絵ではなかなか インテリアを帰るのも難しいですよね。 そんな病院や介護施設のインテリアに、新たな風邪を吹き込む。 そんなご提案を今度のインテックス大阪での展示会でブース出展して私たちの答えを世に問いたいと思います。 お時間ありましたらぜひお越しください。

 

 

病院イノベーション展  

http://www.hospital-expo.jp/

2/21(水)〜23(金) 10:00〜17:00

ブース番号 24-12

企業名:株式会社 風流舎

人気ランキング